口笛の届く距離
口笛の届く距離

横田 青


「夜に口笛を吹くと蛇が来る」

そう教えてくれた祖父の葬式の夜、口笛を吹いた「彼」の元に宅急便で届けられたのは一匹の「蛇」だった――。

男やもめの「彼」と3歳になろうとする「息子」、そして赤銅色をした「蛇」との奇妙な旅を描いた、存在の喪失と受容をめぐるロードノベル。

2015年度、某大手出版社主催文学賞一次選考通過作品。




最新情報


本作品に関するお問い合わせはこちら

4s logo 4s converter logo



© 2012 - 2024 fourstrok